不動産会社の見積もりについて

リロケーションを活用して、実際にマイホームマンションを貸し出す時、みなさんならどのような方法で、自分のマイホームを貸し出すでしょうか。自分自身で不動産会社を探して、一つ一つに電話をしてお願いする方法もありますが、この方法ですとどこが一番安いのか比較もできない為、時間的にも無駄な時間が多いでしょう。そんなときに活用したいのが、いろいろな不動産会社に一括で見積もりが出せるサイトを利用することです。

一括見積もりサイトを利用することで、自分のマイホームの相場が見えてきますし、見積もりを出してもらうことで、金額の差が数十万円あるなんてことも多いのです。また、この一括見積もりサイトは基本的には無料サイトとなりますので、ご自身のマイホームの築年数や間取りなどを入力するだけで完了なので、とても便利なサイトと言えるでしょう。

また、このサイトは不動産会社の広告料が主な収入源ですので、お客様を集める方法として集客力がある一括見積もりサイトに登録している不動産会社は、有力会社が多いと言えます。従って、リロケーションを検討している方は一度、この一括見積もりサイトに依頼をすることでこの後の流れがスムーズになり、最も効率的な形でリロケーションを活用できるので、是非お試しいただきたいサイトであると言えるでしょう。

リロケーションのデメリット

リロケーションで、マイホームマンションを貸し出す場合、家賃収入などがあるというメリットがある反面、デメリットがあるのも事実です。リロケーションを活用するとなったときに発生するデメリットとして考えられるのはどのようなことなのでしょうか。

まず一つとして挙げられるのが、マイホームマンションを他人に貸し出すということです。賃貸契約を結ぶということは当然のことながら、他人に自分のマイホームを使わせるということになりますので、賃貸契約期間はその年数分、劣化が進むデメリットがあるということになります。また、賃貸ということもあり、借主側もある程度は清潔な部屋を保とうと意識しますが、貸主側より意識が低いのは確かです。そういったことも含めて、契約時はどこまでの費用負担を借主に負担させるのかという点も賃貸時のポイントと言えるでしょう。

二つ目のデメリットとしては、一般契約とは違って、契約期間が定められている為、自分がずっと住みたいと考えていても、貸主側からNGが出てしまえば、借りることができないというデメリットです。貸主側とすれば、その賃貸期間を定められることが、このリロケーションの最大のメリットとなりますが、借主側とすれば、やはりネックになってしまいます。その代わりに家賃が通常よりも安い物件が多いのは、借主側のメリットでもありますので、借主はその点も含めて自分に都合の良い物件があれば、リロケーション物件を活用してみても良いのではないでしょうか。

リロケーションのメリット

マイホームマンションをどうしても空き家にしてしまわなくてはならない場合、リロケーションという空き家活用方法があります。このリロケーションという方法は、空き家を一定期間賃貸として他の人に貸し出す活用方法ですが、貸主および借主には一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、一つのメリットは貸主は家賃収入があるということです。空き家にしたとしても、住宅ローンが残っていれば、毎月その費用は支払わなくてはいけません。リロケーションを活用して、借主が見つかれば、賃貸期間は毎月家賃収入がありますので、そこまで費用的な負担はなくなるでしょう。

二つ目のメリットとしては、防犯性です。空き家をそのまま放置していれば、もちろん空き家の期間中は誰も家の中にいないことになるので、不審者が入った場合ももちろん対処できません。しかしながら、借主がいれば、当然のことながらそこに住むことになりますので、防犯性の部分では非常にメリットがあるでしょう。また、借主の立場から言うと、一般の賃貸契約とは違い、期間が定められている賃貸ですので、どうしても一般の賃貸契約よりかは借りにくいという性質上、貸主側も少し安くてでも長い期間で貸し出したいと考えている為、通常の家賃より一般的には2~3割程度安い賃貸が多いです。借主側も賃貸期間が決まっている方からすれば、リロケーション物件は非常にお得な物件と言えるでしょう。

マンション賃貸のリロケーションとは?

せっかく夢のマイホームマンションを手に入れたのに、転勤などの理由でどうしてもそのマンションに住めなくなったなんて方、結構多いのではないでしょうか?そういった方に、今話題のリロケーションという、マイホーム活用方法があるのはご存知でしょうか?マイホームマンションを購入したのはいいですが、空き家になってしまっては購入した意味もないですし、空き家の期間も住宅ローンなどの費用は払い続けなくてはなりませんので、費用的負担もかなり大きいと思います。そのようなときは是非このリロケーションを活用してみてはいかがでしょうか?

リロケーションとは、例えばマンションを購入したが、4年間だけ転勤で地方に引っ越さなくてはならなくなってしまったときに、その4年間だけ賃貸契約という形で、別の方にマイホームを貸し出し、家賃収入を得るというマイホーム活用方法です。もちろんその4年間が終われば賃貸契約は終了となり、またマイホームとして住むことが可能ですし、賃貸期間中は家賃収入があるので、一石二鳥の活用方法と言えます。

もともと空き家を賃貸として貸す為には、特段の理由がない限り、借主が契約を更新する限り、貸主はその家を賃貸として貸し出さなくてはなりませんでした。しかし、2000年より、この部分が法改正され、一定期間の賃貸が可能となり、このリロケーションという活用方法の需要が大きくなってきました。当サイトでは、リロケーションを考えている方の少しでもの参考になれれば幸いです。