リロケーションのメリット

マイホームマンションをどうしても空き家にしてしまわなくてはならない場合、リロケーションという空き家活用方法があります。このリロケーションという方法は、空き家を一定期間賃貸として他の人に貸し出す活用方法ですが、貸主および借主には一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、一つのメリットは貸主は家賃収入があるということです。空き家にしたとしても、住宅ローンが残っていれば、毎月その費用は支払わなくてはいけません。リロケーションを活用して、借主が見つかれば、賃貸期間は毎月家賃収入がありますので、そこまで費用的な負担はなくなるでしょう。

二つ目のメリットとしては、防犯性です。空き家をそのまま放置していれば、もちろん空き家の期間中は誰も家の中にいないことになるので、不審者が入った場合ももちろん対処できません。しかしながら、借主がいれば、当然のことながらそこに住むことになりますので、防犯性の部分では非常にメリットがあるでしょう。また、借主の立場から言うと、一般の賃貸契約とは違い、期間が定められている賃貸ですので、どうしても一般の賃貸契約よりかは借りにくいという性質上、貸主側も少し安くてでも長い期間で貸し出したいと考えている為、通常の家賃より一般的には2~3割程度安い賃貸が多いです。借主側も賃貸期間が決まっている方からすれば、リロケーション物件は非常にお得な物件と言えるでしょう。