リロケーションのデメリット

リロケーションで、マイホームマンションを貸し出す場合、家賃収入などがあるというメリットがある反面、デメリットがあるのも事実です。リロケーションを活用するとなったときに発生するデメリットとして考えられるのはどのようなことなのでしょうか。

まず一つとして挙げられるのが、マイホームマンションを他人に貸し出すということです。賃貸契約を結ぶということは当然のことながら、他人に自分のマイホームを使わせるということになりますので、賃貸契約期間はその年数分、劣化が進むデメリットがあるということになります。また、賃貸ということもあり、借主側もある程度は清潔な部屋を保とうと意識しますが、貸主側より意識が低いのは確かです。そういったことも含めて、契約時はどこまでの費用負担を借主に負担させるのかという点も賃貸時のポイントと言えるでしょう。

二つ目のデメリットとしては、一般契約とは違って、契約期間が定められている為、自分がずっと住みたいと考えていても、貸主側からNGが出てしまえば、借りることができないというデメリットです。貸主側とすれば、その賃貸期間を定められることが、このリロケーションの最大のメリットとなりますが、借主側とすれば、やはりネックになってしまいます。その代わりに家賃が通常よりも安い物件が多いのは、借主側のメリットでもありますので、借主はその点も含めて自分に都合の良い物件があれば、リロケーション物件を活用してみても良いのではないでしょうか。