マンション賃貸のリロケーションとは?

せっかく夢のマイホームマンションを手に入れたのに、転勤などの理由でどうしてもそのマンションに住めなくなったなんて方、結構多いのではないでしょうか?そういった方に、今話題のリロケーションという、マイホーム活用方法があるのはご存知でしょうか?マイホームマンションを購入したのはいいですが、空き家になってしまっては購入した意味もないですし、空き家の期間も住宅ローンなどの費用は払い続けなくてはなりませんので、費用的負担もかなり大きいと思います。そのようなときは是非このリロケーションを活用してみてはいかがでしょうか?

リロケーションとは、例えばマンションを購入したが、4年間だけ転勤で地方に引っ越さなくてはならなくなってしまったときに、その4年間だけ賃貸契約という形で、別の方にマイホームを貸し出し、家賃収入を得るというマイホーム活用方法です。もちろんその4年間が終われば賃貸契約は終了となり、またマイホームとして住むことが可能ですし、賃貸期間中は家賃収入があるので、一石二鳥の活用方法と言えます。

もともと空き家を賃貸として貸す為には、特段の理由がない限り、借主が契約を更新する限り、貸主はその家を賃貸として貸し出さなくてはなりませんでした。しかし、2000年より、この部分が法改正され、一定期間の賃貸が可能となり、このリロケーションという活用方法の需要が大きくなってきました。当サイトでは、リロケーションを考えている方の少しでもの参考になれれば幸いです。